携帯電話の中身

携帯電話は浮気の証拠が豊富にあります。
「妻の浮気」については、男性以上に女性自身は、ばれないように繊細な神経を使うものです。
仮に携帯電話の中身までチェックすることが不可能であっても、形態に対する執着する様子をチェックして見ることで、浮気が疑わしいか本物か、ある程度の予想がつくものです。

【お風呂、トイレに所持】
以前まで携帯電話にそれほど執着心がなかったのであれば、お風呂やトイレまで、携帯電話を持って多少の時間であっても身につけておこうとする行動自体が浮気の疑いが高くなります。
例えば、台所で用事や料理などの時も所持していたり、就寝の時はロックまでしたり、またはどこかに隠したりするような強い執着については、浮気が進行している確かな「サイン」とも言えます。

【着信音が特別】
着信音の変化については、浮気する相手だけ変えることはありません。
一人暮らしであれ着信音を無音にしてバイブを利用することがありますが、妻が浮気したときにバイブにすることが多いようです。
妻自身も常に携帯電話へのメールがあることは、怪しまれる理由になると理解しているはずです。
ですから、携帯電話の音がならないように、気を配っていることは当然の行動です。
公共の場所へでたわけでもないのに、妻の携帯電話がマナーモードにしているようであれば、ちょっと注意信号です。

【携帯電話に関わる挙動不審さ】
どれほどうまく隠している浮気であっても、妻は常に浮気相手のことを気にしています。
一つの連絡手段として最適な携帯電話ですから、自然と視線がいくものなのです。
携帯電話の画面を落ち着いて見ていない様子だったり、反対に鳴り続けている携帯電話に気付かない振りをしている様子であれば、怪しんでも構わないでしょう。

携帯電話への執着と、浮気相手に対しての執着の度合いは、必ず正比例します。
妻の携帯電話への意識や様子の変化があったら、直ぐに意識して行動のチェックをしましょう。