本気になる

夫が浮気をしたという事例では、半分以上が遊びだったということが多く家庭崩壊までくことはすくないのが現実です。
けれど、女性の浮気(妻の浮気)は、やはり本気になることが高くなり、家庭を崩壊してでも浮気相手との未来を考えるというケースも多くあります。
特徴として、結婚までに恋愛経験が少ない人のほうが、周りも省みないで単なる遊びが、段々浮気から本気までになってくることが多くなるようです。

【浮気相手と本気で将来まで】
既に浮気相手と将来を希望して具体的な話をしている場合であれば、夫側が冷静に理論的な話を勧めていくことが非常に困難な状況です。
話がうまくいっていても、一時的な気持ちの可能性は高いので、そののぼせた感情が目覚めるまで忍耐強く待って話をしていくことも一つでしょう。
もう修復も不可能になり、夫側もはっきりと見切りをつけた段階であれば、妻や浮気相手からの慰謝料などを頭においたうえで、夫の意見や考えについて話し合いを勧めるべきです。

【浮気相手とは浮気の妻】
妻自身が「遊びで二度としない」と認め反省をしている場合は、夫婦関係を修復を一番に考えて、浮気相手への慰謝料についても別に対処します。
しかし、許せないときは「離婚」という方法になりますが、妻の浮気が原因であっても、離婚については妻の方が圧倒的に有利になることは忘れないようにします。
一時の感情で離婚という選択を安易に選んでしまうと、後悔することも少なくありません。
こんなときこそ、周りとの意見や経験を聞きながら、冷静で適切な判断ができるようになるまでは、結果を保留しておくことも一番最善の答えがでることです。

妻が浮気をすると、妻と、浮気相手、夫と関りがでてきます。
遊びか本気かでも、対処法はいくつかあるでしょうが、多くのケースを想定しながら冷静に話を前向きにしていきましょう。