慰謝料を請求

例え結果的に離婚という形になっても、離婚をしない結果でも、浮気相手への慰謝料を請求することが可能です。
けれど、浮気相手の状況や人柄により、請求は困難な場合が少なくはありません。
もしも、妻との関係を修復しようと考えているときは深く考慮しておくべきです。

【相手が不貞行為を確認】
妻が物的な証拠もなく浮気を確認したとしても、浮気相手が誠実な人であれば浮気を認め慰謝料を支払う事例もあります。
しかし、事実を認めなければ、唯一の証拠さえなくなってしまい今後が難しくなってきます。
このような場合は、裁判で争うことも困難になります。
二人の関係が性的事実がないことには不貞行為にはならず、食事だけとか、単なるメル友だと言われてしまい、言い合いになるだけで泣き寝入りになる場合があります。

【妻の浮気相手と関り精神的負担】
浮気相手に直接あって話し合いと和解をする方法が理想ですが、慰謝料を請求するとしても相手に会うには気分はすぐれないでしょう。
内容証明という形であれば相手に会わずに文書を送付ができ、この方法であれば相手に心理的な負担を与えて慰謝料の請求をすることも簡単にできる方法です。
しかし、相手と実際に会うか、会わない場合でも、妻の浮気相手との接触が必要となります。仮に慰謝料の支払いが決まった時点でも、過去の浮気の事実に嫌でも直面する形になり、少なからず精神的なダメージがあります。
場合によっては、全く接触などをせずに解決をしていく方法があれば、正解になるでしょう。

【相手に慰謝料請求し後の妻との関係】
妻とは離婚をするのが前提であれば問題もありませんが、夫婦の修復を考えた場合に、過去の浮気相手のことが頭にちらつくことはある程度の障害になりかねません。
相手のこらしめを優先させると妻との間も上手くいかない可能性もありえますから、このケースでは最善の方法を探すために妻と話し合うことでしょう。

浮気相手に対しては、家庭の中を引っ掻き回された訳ですから、慰謝料請求も当然の権利ですし、ペナルティを与えたいと思うことも当たり前の心理でしょう。
しかし、自分自身へのダメージにもなりかねませんから、よく検討しながら慰謝料請求をするのかどうかを決めるべきです。