親権と養育権

子供がいる夫婦のケースでは、浮気したのが妻であっても過去の離婚事例からも「親権と養育権」については、妻が有利になります。
夫が手元で子供を育てる希望があるのであれば、離婚の結論は急いでだすと、悪い結果になるので危険な行為です。

【親権・養育権が妻が有利な理由】
常に妻が有利ではありませんが、母親が親権者になることが多い現実があります。ただ、虐待などがあるような問題がある場合は特別なケースになります。
裁判所の考えは以前から根深くあるのが、妻の浮気が離婚の一番の原因でも、母親が子供にとっては一緒にいることが理想だとしています。
10歳未満の子供である場合は、ほぼ100%が母親に親権がいくと考えて構わないでしょう。
この現実は夫として父親としても、納得できないかもしれません。

【浮気が妻でも経済的負担は夫側】
たとえ妻の浮気が原因で離婚しても、慰謝料を妻と浮気相手からも取れることは多くありますが、子供への養育費などの経済的な負担は夫の負担になります。
どのような理由でも、子供の養育の義務につていは、父親と母親の両方発生しますから、養育費は必ず支払うことになります。
「親権がないなら、養育費は払わない」などという、屁理屈は親として通用しないのです。

どうして、夫が被害者なのに、子供の親権など母親側が有利になるのでしょう。
どうも納得がいかない気持ちになることは当然ですが、子供の今後のことを考慮すると母親が優先されるのです。
特に子供がいれば「妻の浮気」→「離婚」の可能性になることが高いことを頭におき、自分と子供にとっても良い方向を考慮して進めていきましょう。