子供の存在

妻が浮気をしたからといって子供がいる家庭であれば、簡単に離婚を決めてしまうことはできません。
それは、夫自身ももちろんですが、子供への未来にも大きな変化があるかたです。
子供の存在は離婚をする中で、最善の方法を見つけ方も大きく左右します。

【子供なしの最善策】
子供がいない家庭の離婚を考えると、精神的な負担と財産分与などがあるものの、子供がいる家庭と比較すると簡潔です。
慰謝料請求などの一通りが終わることで、気持ちも新たに将来に迎えることでしょう。
もちろん二人が今後再構築をする場合も、夫婦2人がしっかりと話し合いをすることが重要です。
子供がいることと比べると、話し合いも簡単になり大きな違いがあります。

【子供がいる時の再構築と最善方法】
「子供がいるので離婚はしない」という話であれば、子供にとっては嬉しく思います。
しかし、人生は長く一緒にいるわけですが、子供だけが二人の支えになってしまうと、確かな再構築とは言えないでしょう。
子供は敏感に二人の間を感じます。離婚しないことが子供の為、としてきたことが実は子供への負担になってしまっているのです。
ですから、夫婦関係は慎重に今後の話し合いはしましょう。

【子供がいる家庭の離婚後の妻との縁】
妻の浮気が原因で離婚であっても、妻が親権の場合がほとんどですから、養育費が必要になります。
子供とは一生かけて縁は続きますし、同時に妻との縁も子供がいる限りずっと続くことになります。
もちろん、妻の浮気を許すことは出来ないでしょうが、妻との縁を切ることは、子供との縁まで切ることになります。

一生、「人の親」という責任を持つことが、それが子供がいるということなのです。