女性に有利に進む

妻の浮気で慰謝料請求した後に、再度独身に戻って楽しく生活していくことは、現実的には大変なことです。
子供がいるケースでは、経済的にも負担があり離婚をしても女性にはどこまでも有利に進む状況が多いようです。

【財産分与は妻の浮気の原因でも実行】
結婚をしていた夫婦共同の名義のものや、例え夫の名義のものも実質的には夫婦2人の共有財産とされますから、結局は財産分与の扱いになります。
ですから、妻の浮気が第一の原因だからといって、「体でひとつで出て行け!」とは言うことはできません。
慰謝料分などを差し引いてから財産分与をすることも多い状況で、慰謝料請求も妻の方はそれほどの負担がかからない場合も多いようです。

【母親が有利な子供の親権】
子供が10歳未満の場合は、母親に親権がほぼ確実いくと思っていて正解でしょう。
妻の浮気だという離婚の原因が何でも、実際は子供の利益には関係していないのです。
父親側が親権を手に入れるために裁判で争うケースもありますが、たいていの結果は母親の方が有利になっています。

【子供との面会も困難】
親権や養育権が夫側に手に入れることが不可能だった時は、月に何度か、数時間という具体的な面会にたいする「決まり」をしておくことが大切です。
離婚原因が妻側にあるのに、子供に自由に会うことができないのは、理不尽とされるのも当たり前ですが、もしも決まり事を無視した面会などを行動すると、面会の制限、停止などがされる場合もあります。
そして、母親側の都合のために遠方への引っ越しで、子供には出会えないという困難なケースもあります。

妻の浮気によっての離婚のために、被害者のはずの夫側に不利益を被ることはとても理不尽です。
しかし、現実は、女性側に有利なのが離婚をした結果になり、未来に後悔がない最善をよく考えてみてください。