さりげなく探る

ほとんどの場合の妻の浮気の場合は、夫婦生活にまで変化が及びます。
女性の浮気は男性の場合とは違って、感情が動き行動することが多いようです。
好きな男性ができた場合は、夫婦生活も拒否そしてしまう傾向にあります。
その男性は浮気相手に他なりません。
どうしてか尋ねても疲れているからと、はっきりとした返答がないときは、何度も聞いてみましょう。

【触られることを拒否】
妻の気持ちが既に浮気相手にある場合は、男性経験もなく従順な人は夫に身体を触られたりすると浮気相手に対して裏切りだと感じてしまいます。
妻は愛情が薄れてしまうと、夫への存在さえうっとうしく思うようになります。嫌悪感が上回り触られることも、また同じ場所に存在することさえ耐えられなくなります。
具体的に「寝室は別々にしたい」と言われるようになれば、浮気の可能性も非常に黒に近いです。
単に浮気でない場合もありますから、どうしてかと理由を聞いてみることです。

【感情が上回り理由がない】
突然の夫婦生活を拒み、性的な接触をすべて拒否をされてしまったときは、かなり男性も塞ぎ込んでしまいがちですが、何かしらの理由が妻にもあるので、詳しく聞いてみましょう。
もちろん性的なことに対して嫌悪感が出てきた時期だということもありますが、浮気の可能性は決して捨てきれません。
拒否した理由を聞いたときに、急に感情的になる、泣く、怒るなど冷静に落ち着いた話し合いが不可能な状態であれば、浮気の可能性も高くなります。

年齢?と共に自然と夫婦生活がなくなることもおくありますが、しかし妻が突然に拒むようなことがあれば、浮気への注意がいります。
ですから、どうしてか理由を問質したときの、妻の反応をチェックすることが重要です。
女性は感情を大事にする生き物だということをしっかりと頭に入れておきましょう。