曖昧な外出理由

ここ最近、どうも妻の外出が増えたなど、外出の可能性がみられるなど、浮気だと疑っていることは知られないように質問をしてみます。回答をする妻の様子で、浮気への可能性も分ってきます。

【質問をしていないのに詳細な説明】
「どこに行っていたの?」という、普通の質問にさえ、かなり細かく具体的に話をしてくる場合は、浮気の可能性も高くなります。
心に隠したい気持ちがなければ、必要以上に細かい説明など必要ありません。
女性は普段から話のつじちまがしっかり合うように、浮気の不意打ちなどに困らないために言い訳を準備している性質があります。

【一緒にいた相手のこと】
一緒にいた相手のことを聞いても、名まえなどすぐには話さない、というのは問題です。
これだけで100%浮気の確定でしょう。
けれど、反対にすぐに名まえが出てくると少々厄介です。
友人などに頼んで、妻がアリバイをつくっている可能性があります。
けれど、決った友人と合うことが多くなった場合は、疑いは逆に高まります。
他に最近になってできた「友人」というのも、要注意です。

【曖昧な外出理由】
妻の浮気も長期間になれば、少しずつ気の「ユルミ」ができてきます。
その都度なにかの理由を答えるのが面倒になり、不意打ちには対応ができなくなってきます。
しかし、つじつまを合わせるためには、ボロがないように行動する傾向が多いので、適切な理由を答えなかった場合には、具体的なことを言いませんから、この時は深くつっこんでみるチャンス到来です。

嘘については天才的に上手いのが女性…けれど、長い浮気では、ボロも罪悪感など出てきます。妻の浮気の様子をみるだけでなく、少しつっこんで聞きましょう。