携帯電話のチェックは慎重に

携帯電話はどんなときもかなりの確立で証拠を残していて、特に「妻が浮気」も逃しません。
普段は気をつけていても、たまに気が緩んだときに携帯電話を置きっぱなしにすることもあります。
ちょっとしたスキが誰にでもあるので、睡眠中などうまく証拠を盗みとりのチャンスを伺いましょう。

【不自然なメール件数】
もしも、携帯電話をもし見られたときのために、浮気相手からのメールなど消去しているはずでしょう。妻も頭を使っているはずです。
長期間利用している携帯電話であれば、メールの送受信もかなりの件数なはずが、中途半端に少ないとかであれば消している可能性が高い証拠です。
今後のためにも、たまたま同じ部屋にいた時に、妻が携帯を触っていた、「メールの受信の時間・月日」などをメモしておくことをおススメします。
あとで、受信した日時のメールが消去されていると、浮気の可能性も高くなります。

【変換予測機能もチェック】
メール作成の「変換予測機能」が浮気チェックができる大切なツールになります。
携帯電話を触ってチェックしていて、何度か名前がでてきたり、恋人に送るような「会いたい」とか、そんなキーワード、エッチな言葉などが出てきたら要注意です。
変換予測機能をOFF状態にしていることもありますが、たいていのケースでは履歴消去をしていない子とが多いのが特徴です。

【安全そうなメモリさえチェック対象】
携帯電話は男女の見分けがわからないネームだったり、女性名だったり、登録の名称はいくらでも嘘ができます。
けれど、妻の口から聞いたことさえない名前の着信履歴、メールの送受信も常時残っていることがあれば、浮気相手としてはかなり黒に近いでしょう。
できれば、データをまるごとパソコンへ転送してしまいましょう。

いくら妻であっても、携帯電話を調べることはプライバシーの侵害。かなりのリスクがあることを念頭において、浮気が確定している可能性ある場合に、確固たる証拠をつかむ必要があるのであれば行動してください。
携帯電話は証拠を完ぺきな隠ぺい方法をとっても、絶対に「落とし穴」があるはずです。