やっておくべきこと

既に妻の浮気がハッキリした状況であれば、自分に多少でも有利な方向になるように証拠を収集します。

まだ疑いの段階であれば、同居する妻であっても、携帯を覗き見るなんてことはいけないと思うかもしれませんが、浮気が確定間違いない時点で、相手を容赦することはないです。
一つでもたくさんの証拠をつかむために、携帯電話のデータ内容を抜き取ってしまいましょう。

【データ転送するために】
携帯電話はなかなか手放して置くようなことは、いつやってくるか想定できません。

ですから、どんな時でも直ぐに転送が可能なように、外部メディアが取り出せるように準備しておきます。
妻が所持している携帯の機種を予め調べ、転送方法を分っておくことで、いざという時に迅速に行動できます。
写真や、浮気の可能性のある、あらゆるデータを取って下さい。

【メールのコピーは受信ボックスとゴミ箱まで】
一番の証拠の可能性が高いものがメールですから、送受信メールと、ゴミ箱にも削除したはずの浮気相手からメールが残っているかもしれません。

意外と決定的な証拠にもなりうるメールが入っていることも稀にありますから「ゴミ箱」の中は必ず忘れないようにチェック移動します。

【すべての連絡先データ】
決して知っている名前だから、大丈夫だと油断は禁物です。
それは、知人や家族などの分りやすい名前で浮気相手の内容を登録している場合もよくあるのです。

まずは、連絡先の全てのデータをコピーして、少しずつチェックする方がおススメです。

いつも所持をしている携帯電話だからこそ、浮気の情報などがたくさん入っている可能性が大きいのです。
ただ、メールがあった、こんな写真だと単に記憶をしただけでは、全く意味がないので、確実にデータを残しておくようにします。